現物か目録か

二次会景品の準備で迷うのが、景品を現物で当選者に渡すか、目録を渡すかということです。現物か目録かを決める基準のひとつとして、持って帰ることができるかどうかという点をあげることができます。これは極端な話で二次会の景品になるようなことはまずありませんが、冷蔵庫が現物で当たると困ってしまいます。当たった人だけで会場から運び出すことも、自宅まで持って行くこともできません。

また、持ち帰りは容易でも、食品は現物でないほうがいいでしょう。高級ブランド牛が当たっても、現物ではすぐに食べてしまわなければ傷んでしまいます。とくに食べたいわけでもないのに悪くなる前に食べなければと思わせてしまい、せっかく当たった高級グルメを十分に楽しめなくさせてしまう可能性があります。目録であれば当たったその日に持ち帰るわけではなく、Webやはがきで後日申し込んで届くため、鮮度がよい状態で食べたいときに食べられます

袋小さなものや割れるなどする恐れのないものは現物でもかまいませんが、ラッピングや持ち帰り用の袋はあったほうがいいでしょう。ちょっとした気遣いがあることで、参加した人達に気持ちよく帰ってもらうことが出来ますので忘れないようにしましょう。


推奨HP≪二次会景品
└商品によって目録で対応している二次会景品向け商品販売サイトです。